ARTICLE

ShimokitaGYMの記事詳細 SG_COLUMN

キックボクシングで冷え性改善!!

SG_COLUMN 2020.12.5

はじめに


当ジムSports24 Shimokita GYMは下北沢駅南西口より徒歩4分の駅近の場所にあり、女性に大人気のキックボクシングを軸にダイエット、ボディメイク、ストレス発散と会員様の年齢や目的に合わせたメニューを提供しております。キックボクシングを通して会員様の幸せと可能性を提供するために存在します。この記事を読んで興味が湧きましたら、当ジムへお問い合わせいただければ幸いです。

冷え性の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

冷え性とは

「暖かい部屋にいても手足が冷たい」「布団の中でも手足が冷たくて眠れない」といったように人が寒さを感じない温度なのに手足などが冷たくてつらく感じる症状を冷え性といいます。実際に体温が低い状態とは違い、また触ると冷たいということでもありません。


<冷え性になると起こりやすくなる症状>
・肩こりや首のこり・腰痛・膀胱炎・生理不順・風邪をひきやすい・肌荒れ
・手足のむくみ・頭痛・イライラ・不眠  など


冷え性の原因
人間の体は内臓のある中心部を常に一定温度に保つために、環境の変化に応じて体温調整をしています。

<仕組み>
皮膚で寒さを感じる→脳に「寒い」と伝えると、体温調整するように指令を出す→筋肉を震わせて熱を作り出す→毛細血管を縮めて、皮膚表面への血流を減らし、体内の熱を外へ逃がさないようにする

冷え性の人は様々な原因で上記のような体温調整の仕組みがうまく働かない状態です。

冷え性を防ぐ生活習慣
☆食事・・・食べ物から作られたエネルギーの75%以上は熱となり、体温の維持に役立っています。食べ物の温度も冷えに影響します。冷たいものは控えめに。

★積極敵に摂りたい栄養素
・ビタミンE:手や足先(抹消)の血管を広げ、血行を良くします。うなぎ、アーモンド
・ビタミンC:鉄分の吸収を良くし、貧血を予防します。柑橘類、野菜
・パントテン酸:代謝を促し、自律神経を活性化させます。レバー、納豆
・タンパク質:熱エネルギーとなり、神経機能を保ちます。卵、魚介、肉類
・ビタミンB1:代謝を促し、糖質からエネルギーを作ります。豚肉、豆類

☆入浴・・・38℃~40℃の湯にゆっくりつかる。

☆服装・・・「頭寒足熱」上半身より下半身に1枚多く着る。首元を温める。

☆運動・・・運動は自律神経を整え、筋肉量を増やします。

女性の約8割の方が冷え性であるというリサーチの結果もあるほど身近な問題です。また`末端冷え性‘よりも`体幹冷え性‘のほうが厄介です。

末端冷え性と体幹冷え性

末端冷え性とは
手足やその末端が冷える、寒い所では手足の先から冷える、過度なダイエットなどによって食事量が不足すると、体を温める熱を生み出すエネルギーが足りない状態になり、その結果手足の末端まで血流が行き渡らなくなってしまう。10代20代の若い女性の中でも痩せ型体系の方に多いようです。

体幹冷え性とは
最近では`体幹冷え性‘が問題視されています。‘体幹冷え性‘とは手足や体の表面は温かいのに、体の内側、つまり内臓が冷えている状態を指します。男性に比べて女性の割合が多いです。それには女性は男性に比べ筋肉量が少なく、体の中で熱を生み出せる量が少ないということが関係しています。また、冷えやすいにも関わらず、夏はノースリーブやミニスカート、素足にサンダルといった肌を出したファッションで自ら逃しているという女性も少なくありません。

体幹冷え性が持続すると・・・

体幹冷え性が持続すると体に不調があらわれます。お腹を壊しやすくなったり、女性なら生理痛がひどくなったりするといった様々な症状があらわれます。

体幹冷え性は、同じ冷え性であっても末端冷え性とは似て非なるものです。さらに末端冷え性に比べ、体幹冷え性は体の冷えが持続し慢性化しやすい点で厄介です。

冷えを感じる女性のイメージ - No: 2316261|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

キックボクシングで冷え性改善

☆キックボクシングで筋肉量を増やす

筋肉は、人体最大の熱産生器官です。さらに、筋肉が伸縮することでポンプのように血液を送り出すので、体のすみずみまで血液を循環させて体を温めます。上記で書いたように女性はもともと男性に比べて筋肉量が少ないため、作り出される熱量が少ないうえに、ポンプの力が弱いため体が冷えやすいということになります。体の末端まで血液が行きにくい為、特に手足が冷えやすくなるのです。

☆キックボクシングは全身運動
筋肉は熱を作り出す重要な臓器です。女性や運動不足の人など、筋肉が少ない人は筋肉運動で熱を作り出しにくくなります。特に冬は冷え性に悩まされる方も少なくないと思います。冷え性を改善するためには運動をして身体を動かし全身の血流を良くすることが有効です!なぜ、運動すると血流が良くなるかというと筋肉を動かすと、筋肉が酸素を求め血液の酸素を運ぶ動きが激しくなるため血流が良くなるのです。そして血流によって身体を内部から温めることができます。また、運動することで血流が良くなるだけでなく細胞の新陳代謝も高まります。さらに、全身を動かすことによって自律神経の働きが活発になり体温をコントロールする機能が高まります。特に、有酸素運動が血流を良くするためには有効だと言われています。
キックボクシングは全身を使っての有酸素運動と無酸素運動の複合運動で脂肪燃焼はもちろん、血行が促進され筋肉がつくことで基礎代謝が向上し、ダイエット効果も期待できます。


パンチやキックをすることでストレスの解消にもなります。身体を上手く使って正しいフォームでパンチ、キックを繰り出すことで連動性が高まり効果的なトレーニングになります。適度な運動が深い睡眠を誘い、それにより美肌効果にも期待できます。
全身を使って運動することで、背中や肩のコリ、腰痛などの改善にも役立ちます。インナーマッスルが強化されることで体温の上昇つまり冷え性の改善にも期待できます。

☆アウターマッスルよりもインナーマッスル
アウターマッスルばかりを鍛えることによって人間が本来持つ体の連動性が失われることがあります。筋トレで鍛えるのはアウターマッスルが多く、この連動性を失わないためにはアウターマッスルとインナーマッスルのバランスが重要になってきます。インナーマッスルは文字通り体の奥深くにある筋肉のことで深層筋と言われます。体幹や股関節、肩関節にあり骨格を維持する働きがあります。インナーマッスルを鍛えることにより、代謝が上がり腰痛改善やポッコリお腹の改善、さらには姿勢が良くなり見た目も美しくなります。

インナーマッスルはもちろん体幹を鍛えることも冷え性を根本から改善する近道になります。キックボクシングはキックする際に片足になる為、キックするたびに体幹を刺激することになります。またパンチも打つ際にしっかりとしたフォームを身に付けると打つたびに体幹を刺激します。

 

さいごに

今回は冷え性の原因やキックボクシングをすることで、冷え性の改善にどう繋がるかを説明させていただきました。キックボクシングに対するイメージは人によって様々あると思います。やってみたいけど・・・。怖い、臭い、難しいといったイメージをお持ちの方はぜひ当ジムにて体験してみてください!!キックボクシングが身近に感じる事ができるはずです。キックボクシングのイメージを覆すキックボクシングジムがここにあります。運動することを習慣化したい方、楽しく運動習慣をつけたいと考えている方ぜひお問い合わせください。

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る
Sports24公式キャラクター誕生!
Sports24LINEスタンプついに登場!!
LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※Sports24LINEにご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。

無料体験
LINE@ 友だち追加
ページトップ