ARTICLE

ブログの記事詳細 BLOG

最近話題の疲労回復法「アクティブレスト」とは?

BLOG 2018.9.20

運動して疲労回復? 最近話題のアクティブレストとは?


休んでいてもなかなか疲れが取れない!そう感じている方も少なくないのではないでしょうか?そんな方に是非試して頂きたい疲労回復方法、積極的休養(アクティブレスト)をご紹介させて頂きたいと思います!!

休憩

アクティブレストとは?
健康法に詳しい方ならどこかで聞いたことがあるという方もいらっしゃるかとは思います。アクティブレストという名前、聞いたことはあっても具体的には何なのか分からない、何が良いのか分からないという方の為、アクティブレストの説明からさせて頂きます。

アクティブレストとは「積極的休養」とも呼ばれる休養方法です。睡眠や休養など、なるべく動かないことで身体を休め体力を回復させる「静的休養法」に対して、疲労時にあえて軽く身体を動かすことで血流の改善や汗をかくことによる老廃物、疲労物質の排出などを行い疲労を取ると言った疲労回復方法です!

たまにはアクティブレストをメインとしたメニューでキックボクシングを軽めに行うのもいいかもしれませんね!!

元々はスポーツ選手が連戦の為に素早く疲労を抜く為に考案された疲労回復方法の一つです。運動後の整理運動(クールダウン)もアクティブレストです。

疲労の蓄積を防ぐだけでなく、新陳代謝を促すことで身体をフレッシュな状態に戻し次の練習や試合に備えます。


アクティブレストで得られる効果


・疲労回復


筋肉に栄養を行きわたらせやすくなり、筋肉痛の早期緩和、筋肉のケアにつながります。

・心身のコンディションを整える


脳内にはセロトニンという神経伝達物質があります。セロトニンは強度の高い運動によって過度に増加するとかえって疲労を招く半面、強いストレスなどを受け不足した状態では、抑うつ感や不眠などの症状があります。

息の上がらない強度で行うアクティブレストは、不足したセロトニンを分泌させ、適切な量を戻すことによって自律神経のバランスを整える効果も期待できます。

 

・アクティブレストの疲労回復のメカニズム


アクティブレストの目的は自ら疲労を抜くことです。軽い有酸素運動を行い呼吸器系を刺激します。
人の血管では、動脈で栄養や酸素を運び、静脈で老廃物や二酸化炭素を運び出します。静脈は自ら動く事が出来ず、筋肉のポンプ機能で働く為、疲労して動きが悪くなった筋肉の中には疲労物質が残りやすくなり、むくみなどの原因となります。

アクティブレストは筋肉の動きを良くすることから静脈の活動を促し、血液が心臓に戻る手助けをします。老廃物を排出しやすくすることで、全身の疲労を回復させる事に繋がります。


・アクティブレストで身体も心もリラックス


トレーニング、試合で追い込んだ時は知らず知らずに疲れが溜まってしまっているものです。こまめに疲労を抜くことで、パフォーマンスを高く保てたら嬉しいですよね。

もちろんスポーツの試合に限らず仕事の疲れ、ストレスが溜まってしまった時にも効果的です!

頑張った分、身体も心も緩められるアクティブレストを是非お試しください!!

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る

Shimokita GYM

東京都世田谷区代沢5丁目29-15 SYビル4F

03-6805-354603-6805-3546

小田急線/京王線 下北沢駅南口 徒歩5分

Instgram @shimokitagym

Sports24公式キャラクター誕生!
Sports24LINEスタンプついに登場!!
LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※Sports24LINEにご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。

無料体験
LINE@ 友だち追加
ページトップ