ARTICLE

コラムの記事詳細 COLUMN

理想の体系を手に入れる近道は…キックボクシング+食事制限!?

COLUMN 2018.1.16
理想の体系を手に入れる近道は食事制限

★キックボクシングをしていると自然に体のラインは綺麗になるけど…

キックボクシングをしていると、全身運動の効果で自然に体のラインは綺麗になりますが、もともとの体系が理想の体系と程遠い場合は、素直にトレーニングの効果が出にくい面があります。

また、トレーニングをして綺麗な体を手に入れたとしても、その体系を維持しようと継続したアクションを起こさないと、あっという間に以前の体系に戻ってしまう可能性も存在します。

そういった事柄にオススメをしたいのが、キックボクシングによるトレーニングと、食事制限の併用です。

キックボクシングが持つボディメイク効果と、ダイエットによる体脂肪の減少効果により体系の維持はもちろん、体系が綺麗になる効果がより強まるからです。

ただ、食事制限と聞くと何も食べられないようなハードな印象を受ける方もおられるかもしれませんが、今回紹介させていただく食事制限はそこまで厳しいものではありません。

理由は簡単、キックボクシングによるダイエット効果もあるためハードな食事制限をしなくても、効果が絶大だからです。

それに、ハードな食事制限は綺麗な体系を作れたとしても正直なところオススメできません。

ということで、今回の記事ではキックボクシングではなく、体を綺麗に保つために効果的な食事制限やダイエットにスポットライトをあてて紹介させて頂くので、気になる方は是非最後までお付き合いください。

★ハードな食事制限をオススメしない理由とは?

激しい食事制限は体も心も負担が大きすぎる

倒れる女性

自分の好きな食べ物を何も食べず、延々と運動をしてダイエットをする。

もしくは、1日に一食食べるか食べないかといった食生活でダイエットをする。

こういった昔のスポーツ漫画の中にありそうな食事制限やトレーニングは、体はもちろん、ストレスが強く決してオススメできません。

そもそも体重の変化を望む場合、塩分を少しのあいだ抜くだけでも簡単に3キロほど落とすことが出来ます。

ですが、そうしたダイエットをしたとしても、新たに塩分を摂取するようになると元に戻ってしまうのが関の山。

そして何より、恐ろしいのが過度な食事制限やトレーニングを誤った方法で行うと最悪、命を落としてしまうこともありえるということです。

大げさに言っているんじゃ?と思う方もおられるかもしれませんが、過度な食事制限をしてしまうことで、生きていくうえで必要なエネルギーまで摂取を出来なくなってしまった結果、最悪のケースに陥る可能性も大いにあります。

あくまでダイエットは体重ではなく、体脂肪を減らすモノ。

そして、継続して体系維持を出来ないと意味が無く、無理をしてまで行うべきものではないということを覚えておきましょう。

負担以前に、栄養バランスが崩壊してしまう可能性も…

栄養バランスが崩れてしまうと体系維持以前の問題として、健康維持が出来なくなってしまう可能性が高くなります。

食物繊維がとれず、便秘になってしまう可能性や、鉄分などの摂取が出来ず貧血になってしまう恐れなども…

また、栄養バランスが偏ると、肌への悪影響など美容面への悪影響が決して少なくありません。

あくまで、継続して行える、そして健康に害が出ない範囲で行うことが重要だということを覚えておきましょう。

急激なダイエットは筋肉まで落としてしまうことに

キックボクシングのように全身運動を行う場合、自然と筋力のトレーニングにもつながり、体重の変化はしつつも、体の筋肉量は増加します。

ですが、急激なダイエットを行った場合、体脂肪を落とす効果はありますが、それと同じく筋肉もなくしてしまうことになります。

これが凄く厄介で、筋肉はあればあるほど基礎代謝があがります。

つまり同じ事をしていても、体内でカロリーを消費する効果が高まってくれるのですが、筋肉量が減ってしまうと、それに比例して基礎代謝も低下します。

すると、以前と同じように食事を摂取したり、運動をしても痩せにくくなる、さらにはリバウンドをしやすくなる危険性が高まります。

一時的に体系が細くなることは確かですが、維持を出来ない、そして以前よりもリバウンドによって体系が崩れてしまうおそれも十分にありえるということを覚えておきましょう。

★オススメしたい食事制限のやりかたは?

たんぱく質は必ず摂取をする

鳥のささ身

食事制限中は脂肪が減りやすい状態であり体重も落ちやすくなります。

ですが、同時に筋肉も減りやすい状態でもあります。

先ほども紹介をさせて頂いたように、筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が下がってしまい結果的に太りやすい体へと変化してしまいます。

キックボクシングはもちろん、筋力トレーニングをしてせっかく体系を綺麗に維持をしようと思っても筋肉を作る栄養素が摂取をされなければ効果は半減です。

効果をたしかなモノにするためにも、鳥のささ身や、牛肉、魚肉のようなたんぱく質は必ず摂取をするようにしましょう。

摂取する量を制限はしても、全く摂取しないというのはNG

例えば食事制限を使ったダイエットの代表格に、糖質制限ダイエットというものがあります。

これはお菓子に含まれている砂糖はもちろん、米やパンなど体内で糖に変化する炭水化物の摂取量を制限することでやせるといった食事制限を用いたダイエットです。

簡単に仕組みを説明すると、糖質不足になると不足したエネルギーを補おうと、体内の脂肪を燃焼する効果があり、これを応用したものが糖質制限ダイエットです。

なら全く炭水化物や砂糖を食べなかったいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、糖という栄養素はエネルギーになる性質ゆえに、人間が生きていく上で欠かすことの出来ない三大栄養素のうちの1つと言われています。

あまりにも糖を摂取せずにいると、疲れを感じやすくなったり、そもそもの筋肉量の減少や代謝機能の疾患の原因にもなりかねません。

また、炭水化物の成分には、他の栄養素を吸収しやすくする性質があったり、糖だけではなく食物繊維も多く含まれています。

食物繊維の働きとしては、腸内の正常化や、糖質や脂質を吸収しないように防いでくれる効果も持ち合わせています。

つまり、完全に炭水化物を絶ってしまうとダイエットの効果は確かにありますが、健康面に悪影響を及ぼすのも確実だということです。

ではオススメしたい健康的な糖質制限ダイエットのやりかたはと言うと、お茶碗のお米の量を減らしたり、朝のトーストの枚数を1枚減らす程度で構いません。

もしも量が不安だという方は野菜やお肉など炭水化物以外のものをしっかり摂取して頂いて問題ないですし、食事の回数も、3食しっかり食べて頂いて構いません。

上記のやりかたを守って頂ければ急激に変化をすることはありませんが、1ヶ月に1キロほどのダイエット効果は見込めます。

自分のライフスタイルにあわせて、健康的に時間を掛けつつ体重を落とすことがダイエットにとって最も大事だということを頭に入れておいてください。

★まとめ

食事制限と聞くと短期間で一気に体系変化を望めると思う人も少なくないようですが、その後の事を考えると、時間を掛けて健康的に痩せたほうが価値があります。

筋力トレーニングも、ダイエットも継続して行うことが最も大事です。

自分の出来る範囲で楽しく続けられる方法を見つけることが、綺麗な体への一番の近道です。

キックボクシングはもちろんですが、食事制限についてもレクチャーをすることができるので、気になることがあれば、当ジムのスタッフまで気軽にお声掛けください。

無料体験のお申し込みはコチラ

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る
Sports24公式キャラクター誕生!
Sports24LINEスタンプついに登場!!
LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※Sports24LINEにご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。