ARTICLE

コラムの記事詳細 COLUMN

まだ間に合う!夏本番を理想的なカラダで迎えたい!

COLUMN 2018.7.30

今年も理想の身体で夏を迎えられなかったな…

もう7月が終わりに近づき、今年の夏は理想の体型で迎えられなかったなと感じている方は少なくないと思います、しかし近年は暑さが9月まで続くこともしばしば!これから一か月で今年の夏を理想の身体で迎えられる!今回はそんな夢みたいな方法をご紹介させて頂きます!!

そうはいってもたった1ヶ月しかないので、今回は海で水着を着ることを目標にしたキックボクシング以外のダイエット方法をご紹介させて頂きます!

まず、女性が想像する水着が似合う身体とはどんな身体でしょう、まとめてみるとこんな感じではないでしょうか?

・くびれがある

・お腹を薄くしたい

・足首を細くしたい

・太ももを細くしたい

・全体的にすらっとしたい

個人的には色々と願望はあるとは思いますが、今回はこの5つにフォーマットを絞り紹介させて頂きます!

一般的には水着の似合う身体といえば、しなやかで引き締まった身体をイメージする方が多いと思いますので、自分の理想、目標の体型をしっかりとイメージした状態からダイエットを始めましょう!

 

短期集中型ダイエットにはリバウンドがつきものですが、なるべくリバウンドを避けられる方法で取り組みたいですよね!というわけで今回は約1ヶ月という限られた時間の中でできる、体質改善型の健康的にダイエットできる方法を中心にお届け致しますので、健康管理の一環として取り入れていただいてもOKです(^^)

①筋トレをする。

いきなり王道の方法がでてきて、それが出来たら苦労はしていないと思われた方もいらっしゃると思いますが、美しく引き締まったボディーラインの為にはやはり筋トレが必要です。

筋トレなくしてメリハリのある身体は作れないと言っても過言ではありません!

水着を着るとなると、お腹、お尻、太ももは誰もが気になるのではないでしょうか。というわけで、今回はその辺りを重点的に鍛えられるトレーニングをご紹介していきます!

まず、筋肉量のアップと基礎代謝のアップを求めるならば絶対にやった方がいいのがスクワットです!!

大きな筋肉が集合した下半身をまとめて鍛えることができるスクワットは太ももの表裏、お尻などを中心に引き締めるためのトレーニングです!

誰もが一度はやったことがあるとは思いますがスクワットはやり方によって全く得られる効果が違います!短い期間で確実な効果を求めるのであれば正しいやり方で行う事が一番の近道です!今までのやり方と照し合わせながらご覧ください!

・スクワットのやり方

1、まずは脚を肩幅くらいに広げて指先を少し外に向け、背筋を伸ばし真っ直ぐ立ちます。

2、視線は前に向けます

3、このまま、後ろにある椅子に腰かけるようなイメージで膝を曲げて身体を下げていきます。

4、そのまま太ももと床が平行になるところまでお尻を下げて、そこに到達したら再びゆっくりと元の状態に戻ります。

5、これをゆっくり丁寧に10回×3セットを目安に行います。

上体を下げる時にバランスがとりずらい人は、両手を前に伸ばして行いましょう。頭の後ろで組んでも大丈夫です。

ポイントは、足裏がつま先からかかとまでしっかりと地面を踏んでいること、膝が足の指先より前に出ていないことです。

次にお腹を鍛える方法をお伝えします。効果的なのはやはり腹筋ですが、腹筋にも種類があります。

今回は引き締まったお腹を手に入れる為の「シットアップ」と「クランチ」をお伝えします!

 

シットアップのやり方

まず、シットアップですが、これは私たちが学生時代に体育の授業や部活のトレーニングで行っていたあの腹筋の動きです。ただ、正しいやり方で行えていないことが多いので、いま1度正しいやり方をおさらいしましょう。

1、仰向けに寝そべり足を揃えた状態で、足裏は地面につけたまま膝を軽く曲げます。

2、頭を少し上げて、頭の後ろで指同士を組みます。

3、そこから背中を丸め、上半身を膝の方に引き寄せるようにして上体を起こしていきます。

4、起こしきったら、起こす時と同じ軌道でゆっくりと上体を元の位置に戻します。

ポイントは、この時腹筋をしっかり意識することと、勢いをつけずお腹の力だけで上体を動かすことです。

頭⇒背中⇒腰の順番に床から話して行き、戻るときはその逆に腰から床についていくとお腹が収縮しやすくなり、かつ腰も痛めにくくなります。

回数を重ねて疲労が出てくると背中に力が入りがちですが、腹筋を鍛えることが目的ですので、腹筋への意識を持ち続けるようにしましょう。意識だけでも効果は変わってきます。

 

○クランチのやり方

シットアップでお腹全体の筋肉を鍛えた後は、クランチでお腹の上の筋肉を鍛えて行きましょう。

1、シットアップと同様に、先ずは仰向けに寝そべり、揃えた足を上に持ち上げ膝を90度に曲げます。

2、脚はそこで固定して、そこから腰が浮かない程度まで息をを吐きながら上体を丸めて膝に近づけます。

3、上体を起こし終えたら、同じ軌道で今度は息を吸いながらゆっくりと上体を元の位置まで戻していきます。

4、肩甲骨が付かない程度のところで止めます。

こちらの場合も10回×3セットやりましょう。

膝をキープするときにバランスボールを使うのもOKです!

 

クランチ応用編

更に負荷をかける方法として、壁を利用する方法もあります。

1、背中を床につけ、仰向けで寝そべります。

2、足の裏側を壁に沿わせるように足を上げL字を作ります。

3、そこをスタート地点として上体を足に近づけます。

10回×3セットを目指しましょう。かなり効いている実感が得られると思いますが、なかなかハードなので初心者の方はノーマルなクランチや、シットアップから始めるといいでしょう!!

ちなみに、筋トレでは呼吸が効果を左右すると言っても過言ではありません。身体を起こす際に吐き、戻す際に吸う。これがちゃんと出来ているかをその都度確認して、効率よくトレーニングを行いましょう。

 

痩身マッサージをする

マッサージも理想のボディラインを作る上で非常に効果的です。

一昔前までは不可能と言われていた部分痩せですが、マッサージとトレーニングの合わせ技によって実現させられることが近年わかってきました。

具体的なマッサージの効果として、揉み解して柔らかくなった部分は脂肪が落ちる優先度があがります。特に凝り固まったセルライトなどはしっかり解さない事には落ちてくれません。

細身なのに太ももの裏がでこぼこしている人もいますよね、そのような身体は服で隠れれば気にならないのかもしれませんが、水着を着るとあまり美しくありません。

 

ただ、痩せるのではなく、滑らかな素肌の美しいボディーラインを求めるのであれば、マッサージは欠かさずに行いましょう。

お財布に余裕があればエステで施術を受けるのも効果的です。ちょっと頑張って奮発しても、頑張った分を無駄にせぬようにとダイエットのモチベーションが上がることもあるでしょうし、施術+αの効果が望めることも大いにあり得ます。

とはいえ、今回はご自宅で簡単に行えるものをお届けしますのでご安心ください。

これからご紹介させて頂くマッサージを、出来れば入浴後の身体がよく温まった状態で行いましょう。指の滑りを良くさせ肌への負担を減らすためにも、マッサージクリームやボディオイル、ワセリンなどを利用するといいです。スペースが足りなければお風呂の中でボディソープを付けて行ってもいいでしょう。

時間はありませんが、まだ間に合います!!来年ではなく今年の夏を理想の自分で迎えましょう!!

 

無料体験のお申し込みはコチラ

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る
Sports24公式キャラクター誕生!
Sports24LINEスタンプついに登場!!
LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※Sports24LINEにご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。