ARTICLE

ブログの記事詳細 BLOG

パンチの打ち方~左フック~

BLOG 2018.4.23
こんばんは(^O^)

今日は曇りで昨日との温度差が激しいので

体調を崩さない様に気を付けましょう!!

今日は左フックの打ち方について。

 

右のストレートが打てる様になったら、次に

覚えるのは高確率で左フックだと思います。

これがまた難しいです。

 

基本的な左フック

いきなり左フックだけを単発で打つには

難しいです。右ストレートを出して、体重を

左足にかけてから、打つ練習をした方がおすすめです。



左に移った体重を後ろに戻しながら、右足に

かけていきます。

この時に左の膝を内側に回しながら左手を

フックの形にして打ちます。

打ち終わった後もしっかりと肩でガードできる

高さが理想です。



左フックにも色々種類があります。

ショートフック、ロングフックなどなど。

打ち方も個々で違いますので、あくまで

参考としてお考えください。

せっかく打つならしっかりと力が伝わって

気持ちよく打てる様に頑張りましょう!!

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る

Shimokita GYM

東京都世田谷区代沢5丁目29-15 SYビル4F

03-6805-354603-6805-3546

小田急線/京王線 下北沢駅南口 徒歩5分

Instgram @shimokitagym

Sports24公式キャラクター誕生!
Sports24LINEスタンプついに登場!!
LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※Sports24LINEにご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。

無料体験
LINE@ 友だち追加
ページトップ