ARTICLE

ShimokitaGYMの記事詳細 SG_COLUMN

体重より体脂肪に注目!!

SG_COLUMN 2020.10.25

はじめに

当ジムSports24 Shimokita GYMはキックボクシングを軸にダイエット、ボディメイ ク、健康維持などのお手伝いをさせていただき、会員様の幸せと可能性を提供するために存在します。

下北沢駅 南西口より徒歩4分の駅近の場所にあり未経験者、初心者 の方が9割、老若男女問わず沢山の方が毎日笑顔で汗をながしています。こちらの記事を読み興味を持ちましたら、ぜひお問い合わせください。

筋肉と脂肪では重さが違う!?

ダイエットは体重より体脂肪率が重要 「あと3キロ体重を落としたい」「体重は減っているのに見た目があまり変わらな い」など、女性の方に多いのですがこのような声を耳にします。筋肉と脂肪では重 さは同じでも大きさがかなり異なります。そのため身体を変えるためには体重より も体脂肪率や筋肉量が重要になります。

体組成計を活用しましょう

ダイエットやボディメイクするにあたって 体重計は欠かせないアイテムの一つですが、当ジムにあります体組成計を上手に 使って自分の体を知ることから始めましょう。体組成計を使用することによって自分の身体は「何でできているか」を簡単に知る方法の一つとして利用します。からだを構成する組成分は大きく分けて「脂肪」「筋肉」「骨」「水分」になります。体組成計では体脂肪率に加え筋肉量、基礎代謝、内臓脂肪レベルまで計測することができます。身体を変えたいと思ったら、まず自分のからだの状態を「知る」ことが大切です。

身体を変えるときの注意点

スレンダーな体、くびれなど見た目を変えるには体重の増減よりも体脂肪と筋肉の バランスを意識しなくてはなりません。筋肉量の増加と体脂肪率の減少に注目することが大切です。 スリムな見た目にするのであれば、筋肉量を増やすだけのトレーニングは避けま しょう。そもそも、脂肪を減らさなければ筋肉はきれいに出てきません。筋肉は脂肪の下にあるため、余分な脂肪を減らさずに筋肉をつけても、より太って見えてしまう場合もあります。これでは、引き締まったスレンダーな印象の体にはなりません。 引き締まった印象を与える体系になるには有酸素運動がおすすめです。地道に脂肪を減らし、筋肉をつけていく必要があります。ここで注意したいのが、手っ取り早く減量したいからといって、過度な食事制限に走ってはいけないということです。食事制限ダイエットは確かに体重は減りやすくなりますが、リバウンドの可能性が高く健康を害する恐れがあります。脂肪を減らしつつきちんと筋肉を増やしていけるよう、まずは有酸素運動を多めに行うのがおすすめです。 人間の体は個人差はありますが、身体を動かし始めると20分以上行うことで消費エネルギーを補おうとして脂肪を燃焼します。また、有酸素運動では遅筋という細くしなやかな筋 肉を鍛えられるため、あまり目立った筋肉をつけずにスリム体系を目指したい場合にぴったりといえるでしょう。 反対に、ウエイトトレーニングなどの無酸素運動はハードな上に、主に大きな筋肉を鍛える ためのトレーニングとなるため、目立つ筋肉をつけたくない場合は注意が必要です。※画像は平泉トレーナーのデータです

 

綺麗な身体に見える理想の体脂肪率

体重よりも体脂肪を減らすことが大切なのはお伝えした通りですがただ減らすだけでは体に必要なエネルギーまで減ってしまい、免疫力が下がってしまう可能性もあります。健康な身体を保ち、理想の体型に近づけるためには理想の体脂肪率を知っておくことも重要です。

【男性の平均値】

~10%:痩せ 11~21%:標準 22~26%:軽肥満 27%~:肥満

【女性の平均値】

~20%:痩せ 21~34%:標準 35~39%:軽肥満 40%:肥満

となってます。※あくまで平均値なので参考にしてみてください。

体脂肪が増えやすい人の特徴

・食生活が乱れていて、バランスの取れた食事をしていない

・お酒が好きで毎日のようにアルコールを摂取している

・平熱が35℃台の低体温の人

・筋肉が少ない人

体脂肪の減らし方

体脂肪は体重よりも減らすまでに時間がかかるので、諦めずコツコツと続けることが大切です。ですので運動を習慣化できることがポイントになります。脂肪を1㎏減らすためには約7,000カロリーの消費が必要といわれています。食事の回数を減らしてしまうと、食べていない時間が長いことで、食べた時に余計にエネルギーを蓄えようとして逆効果になってしまいます。そのため、ビタミンやミネラルを中心にたんぱく質などの栄養素をしっかりと摂る食生活が必要になります。また体脂肪を減らすには、脂肪を燃焼させることがやはりポイントです。とはいえ、毎日有酸素運動を続けるのは難しい方もいると思います。休みの日や週末など出来る範囲で定期的に運動をすることで習慣づけることも大切です。有酸素の場合20分程の運動が効果的な時間になるので、無理しない程度に行ってみましょう。また、筋力をアップさせる運動も取り入れればさらに効率良く代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなります。

キックボクシングは最適!!

せっかく体を変えるなら健康的に絞っていくのが理想的です。「食事をとにかく我慢して体重を落としたけどリバウンドしてしまった」、「筋トレを頑張りすぎて必要以上に必要ない箇所に筋肉がついてしまった」と意外とありがちな話です。身体を変えるのに最適な運動それは、キックボクシングをおすすめします!!有酸素運動と無酸素運動の両方を行うことができます。筋力をつけるためには無酸素運動が必要です。筋力がつけば基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がれば運動しているときだけでなく、日常生活を送っているときのエネルギーの消費量が増えます。また脂肪を効率的に燃焼させるには、有酸素運動が必要です。有酸素運動ばかりを行っていると脂肪と同時に筋肉も落ちてしまいます。キックボクシングは両方を行えるため一時的な減量ではなく、長期的に維持することができる太りにくい身体を手にすることができます。

その他にも

キックボクシングの動作は、ボクシング同様、二の腕や背中、肩周りの筋肉はもちろん、それに加えてふくらはぎや太ももの筋肉も大きく動かします。また、キックするときには自然と体をねじるように回転させるため、ウエストや腰回り、お尻の筋肉なども使います。女性らしいキュッと上がったヒップを手に入れるためにはキックボクシングはもってこいのスポーツです。このように、日常生活ではほとんど使わないような筋肉をしっかりと鍛えることができ、女性の体の気になる部分をまんべんなく引き締めてくれます。また、肩周りや背中を大きく動かすことで肩こりが解消されたり、腹筋と背筋がしっかり鍛えられることで腰痛予防にもなります。最近テレワークが多くなり肩こりが原因で頭痛に悩まされている方も多いと聞きます。キックボクシングを始めたことでこのような日常的なマイナートラブルが軽減したという声も少なくありません。

最後に

このようにキックボクシングは体脂肪を減らすためのトレーニングとして女性にこそおすすめです。全力でパンチやキックをしてみると、最初は1分間続けるのさえしんどいですが、しかし、たくさん汗をかき、全身を使い、体の内側からエネルギーをぶつけることは想像以上に爽快でストレス発散になります。

当ジムの会員様は9割の方が格闘技未経験の方です。未経験の方たちが笑顔で汗を流せるキックボクシングジムです。強く太りにくい身体をShimokita GYMで手に入れてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る
Sports24公式キャラクター誕生!
Sports24LINEスタンプついに登場!!
LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※Sports24LINEにご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。

無料体験
LINE@ 友だち追加
ページトップ