0120-007-546

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • LINE
  • Youtube

ShimokitaGYM(下北ジム)

0120-007-546

ARTICLE

ブログの記事詳細 BLOG

ボクシングとキックボクシングの違い2

BLOG 2018.2.5
こんばんは(^o^)

 

昨日の比嘉の試合あっという間に終わって

しまいましたが、すごい右のカウンターが

入っていましたね!

 

今日は昨日に続いてボクシングとキックボ

クシングの違いについて。

ボクシング経験のある自分としてはキックの

人とパンチマスをやると一番嫌なのが、リズムです。

しかも距離が遠い(+_+)

ただ比較的パンチのコンビネーションが少ない

のと、状態が半身ではなく正面に向き気味なので

ボディが打ちやすいなと感じます。

右のストレートも脇が開いているのでわかりやすいです。

ただキックありのマスになると、キックが来るのが

分かっていても、手で押さえようとしたり、前にある

脚が内側を向いてしまっている為、カットできない

事が多数あります。

キックボクシングとボクシングの違い1

元ボクサーがキックボクシングルールで試合を

した場合、前にある足を蹴られ、負けてしまう

原因が良くわかります。

体重がどうしても前に多めにかけてしまうので、

キックが効いてしまうのです。

見えていても対処の仕方がわからないのです。

似てはいても全くの別競技だと痛感しました。

でもキックボクシングにもパンチの打ち方や防御

の仕方などボクシングにも役立つ技術がありました。

キックボクシングを軸にボクシングのパンチの

打ち方などいい部分を取り入れてもらえたらと

思います。

キックボクシングとボクシングの違い2

キックがきちんと蹴りたい、パンチを強く打ちたい

など、どちらも親切に指導するShimokita GYM

ぜひ一度ご来館ください!!

 

 

この記事をシェアしよう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • LINEで送る

Shimokita GYM

東京都世田谷区代沢5丁目29-15 SYビル4F

03-6805-354603-6805-3546

小田急線/京王線 下北沢駅南口 徒歩5分

Instgram @shimokitagym

LINE@登録はこちら
LINE@登録はこちら

※LINE@にご登録されても、会員様同士が繋がる事はございません。
無料体験のお申し込みをLINEから簡単に出来たり、当ジムからの重要なお知らせのみを配信させて頂きます。

無料体験
LINE@ 友だち追加
ページトップ